最終日。この日は150。なんと私、会場に入って一緒に下見をさせてもらいました。

image

自分が出なくてもコースを確認し把握したうえで観戦するとまた違った視点から観ることができてすごく勉強になります。まあ、どうだったと聞かれても本当に凄すぎて「大きい、凄い」の一言しか出てこないんだけどね。ましてやこの会場はインドアなので圧迫感があって、一つ一つの障害が大きく見えるし、トリプル障害も含まれて本当にボリューミーなコースでした。貴重な経験させてもらったな。
そんなハードなコースをTakaChampは1落でゴール!ほんと、騎乗3日目でこれは凄い(^_^;) 流石だわあ。でもまだChampがどんな馬かイマイチ解ってない。競技がアウトドアになれば変わるかもしれないし、物見なのかとか、どういうタイプなのかとか、解らないことだらけ。だけどそんな状況の中やり遂げちゃうんだからやっぱり誠倫さんは凄いよね(*^^*) 私の中のタカさんへの憧れは募る一方なのでした。
タカさんの競技が終わった後はメインのグランプリ競技!もう、「デカイ」の一言じゃ済まされない高さとボリューム。だって前のクラスより5〜10cm高いんだからね。私の身長ぐらいあるかも。。皆当たり前のごとく上手いし、速い。ジャンオフじゃなくてもスピーディーな走行、圧倒されっぱなしだった。というか凄すぎて感動してちょっと泣いたよね。うん。そんな強豪揃いのなか勝利を勝ち取ったのはなんと女性ライダーのKatrin Eckermann!

image

上手いし可愛いし格好良すぎる!ファンになりました(-ω-) もう既に私の携帯の待ち受けはKatrinです(゜∀゜*)♪
そんなこんなで全ての競技が終了し、ミュンスターグランプリは幕を閉じました。なんだか、自分の中に今までにない悲愴感が漂った。本当に感動したし面白かったし、むしろ刺激が強すぎた3日間だったかも。ここから離れたくないなーって思っちゃった。こんな貴重な経験出させてもらえて、ほんと増山ファミリーには感謝です。
夜は皆でホテルの近くにあったレストランで久々のまともな食事を食べ(試合が夜まであるから晩ご飯は会場の軽食ばかりだった!)、帰ってタカさんと大ちゃんとTVで放送されていたチューリッヒの競技を観ながら呑み直しました^^ 私はすぐ寝ちゃったけど^^ これが最後の夜だなんて考えたくないくらい私はドイツに染められてしまった〜〜あ〜帰りたくない!!