やっと気持ち的にも落ち着いてきたので。
9月9日の夜、モティーシャが天国へと旅立ちました。
もう何年前なんだか、洋平の元へモティが来てくれてからの付き合いだったね。なんだか馬というよりワンちゃんみたいな、のほほんとしたモティは本当に可愛くて愛らしくて、まるで自分の馬のように強い愛着があったなあと。
一緒に沢山試合に行ったこと、脚があまり良くないモティのケアには神経を使っていたこと、放牧してあげたこと、毛刈りしたこと、タテガミ編んであげたこと、初めて阿久津さんの下乗りで試合に出た時のこと、思い出したらきりがないな。
阿久津さんの御好意もあってレッスンさせて頂く機会も多くて、初めて人のための日々の運動やらなんやらを考えさせてくれた馬でもあり。教わったこともいっぱいありました。

本当はもっともっと思うことは多いけれど、それは自分の心の内に秘めておこうと思う。
ただ、妹のように可愛がって、本当に大切にしていたから悔いはない、とだけ。



私が北海道に行く日の朝、本当は辛いだろうに珍しく起き上がってお見送りしてくれたあの光景は忘れない。
それがいってらっしゃいだったのか、さよならだったのかは解らないけど。
でも、よかった。なんか上手く言葉に出来ないけれど。
幸せだった。


今でも涙が出るけれど、とっても辛いけど、
私ぐらい、強くいなくちゃね。
約束、必ず守るから。だから空から見守っていてね。


ありったけの有難うを込めて。


RIP 2014.9.9.



image